忍者ブログ
日々空回りし続けると言うこと全て
Admin / Write / Res
<< 08   2017/09   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30     10 >>
[349]  [348]  [347]  [346]  [345]  [344]  [343]  [342]  [341]  [340]  [339
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 ちょいとこのところ、自分でも「無理してんな」と思うこと然りで。
 昨夜はマイリクしておきながらの剛クシャ5連乙とか。
 「勝敗は兵家の常」とか人には言い宥めながらも、やはり仲間のチケが絡んでくるような剛種クエ相手には、ちょいとフンドシ締め直さねばねと思った次第。
 例えばコレがソロでもあれば、「またチケ獲りに行けばいいさ」と思うのであろうが。
 それを仲間にまで強要するほど自分は自惚れてはいないつもり。
 それで言うと、次回の剛種ナナは楽しみで仕方がない。
 行くかどうかは別として。

 ただ、立ち回りのヘボさ加減はいつもの事ながら、「アカム着たくないわ」とか「乱舞ばっかしたくないわ」とか言うてはいられない場面も事実なわけで。
 かと言って、このところの自分はそんな自分なりの変な拘りなりをどうしたものかと言わんばかしな上っ面も多々で。
 「剛クシャあるうちに」とか「ラファ強化マゾくなるうちに」とか、「プレミア期間中に」とか「入魂祭中に」とか、今までのノラリクラリと何処吹く風としていた自分にしてみれば、やはり何と言うか「無理してんな自分」と。

 生き急いだところで「自分には何が有るよ?」と。
 狩場に終わりは無いのだからこそ、行きつく先を求めて疾走するなど自分には似合わない。
 「人は人、自分は自分」と幼き頃から口を酸っぱくミミタコ程も言われて育った自分にとって、今まで通りに周りの流れに身を任せつつも、のんべんだらりんと狩りを続け、大好きな大剣を研いでる日々が一番自分らしいのかなと。
 時既に爺ぃの境地に辿り着きしか疑われてもいた仕方なしと思えども。
 考えれば考えるほど、見よう見ようと目を凝らすほど、答えと言うものは見えなくなるものと、柳生石舟斎も言うてた事がアタカモしんない。

 何も考えないのも大事。
 目を閉じて、足を止めてみるのも大事。
 そして仲間のチケットよりも、仲間自身が大事大事。
 
 
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
ブルーねぇ
ご無沙汰しております。
貧乏肥満児で全くFに行けておりませぬ。
かといって出張ハンターにのめり込んでいるわけでもなく、要は二三日に二時間程度の鷹狩りを物珍しいほうに充てているだけでござる。
嗚呼、カッコつけずに地方公務員にでもなっときゃよかったと、数字と疲労に追われる日々を嘆く今日この頃でござる。
ちゃー 2009/08/27(Thu)16:32:43 編集
無題
気にせずふにゃふにゃやってればいいんじゃない?
誰もチケット損こいたなんて思ってないさぁ。
たきてそ URL 2009/08/28(Fri)17:04:49 編集
オヤヂ衆>
あらいやだ、なまらご年配連中は察しがよろしくて困る困る。
詰まる所、今更になっての夏バテだとか、最近になって新たに始めたプロジェクトの事で考え事が多いとか、地元役職のイベント続きとか、その他諸々ぐわんぐわんとしているところで。
そんなところに剛クシャとかはちとへビィだったわいの。
狩り場には他にも癒しが落ちているはず。
まずは無心に狩場に繰り出しましょうかね。
サナダE 2009/08/29(Sat)21:27:11 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
TWEET
BOOKMARK
COMMENT
[04/19 サナダE]
[04/19 olive]
[04/15 サナダE]
MAILFORM
INFORMATION
MONSTER HUNTER
Frontier
MONSTER HUNTER
PORTABLE 2nd G
(C)CAPCOM CO., LTD.
2007 2010
ALL RIGHTS RESERVED.

Copyright ©  〓 S a n a d a ・ E n g i n e 〓 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]