忍者ブログ
日々空回りし続けると言うこと全て
Admin / Write / Res
<< 04   2017/05   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     06 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

でっどまんわんだーらんど

生きてますけど死んでます。
これ程正しい表現は無いだろう。
本厄と言う素晴らしい歳廻りを存分に満喫している状況は、
我が日々のつぶやきにて羞恥の事実にて割愛。
ともあれ、先日の毒抜きの効果もあってか、
気持ち自体は結構ラムネ色。
界隈にて再開の報やら常に状況を受け入れつつ変わろうとしている報を聞くと、
自分も常に前向きでいようと思う次第。
とは言え、今の狩場へ足を踏み入れるにはもう少し時間が必要かと。
狩場に対する執念やら、
狩魂と言う名の情熱やらが微塵も無いと言うわけではない。
そこに狩場がある限り。
そこに狩友がいる限り。
愛すべき馬鹿野郎達が手ぐすねを引いてくれている限りは、
ボンクラ狩人でも何かしらの足跡を残す隙間がある限りは。
でも今はおやすみ。
ゆるゆるとおやすみ。
啓蟄啓蟄...
PR

 背中に背負いし桜華。
 ぱっと散らしてみせやしょう。
 狂乱麗舞の旗の下、
 集いに集った兵の、
 胸に抱けし欲望は、
 ただひたすらに終わりなき夜を特攻む事のみと。

 2011年4月16日。
 無敵のWAVEを払い戻すべく、
 前夜の生焼けホルモンにて疼く腹を抑えながら、
 「今勃たねばいつ勃てる、ワシが勃たねば誰が勃つ」と言うイニシエの言魂のもと、
 狂乱の聖地・阿佐ヶ谷へと降り立つ。
 臆する事無く狂い咲いた多くの同志と共に、
 神がかりし珠玉の気狂い映像の数々を迸る程に堪能。
 希覯な程に濃密で、
 得難い程に濃厚で、
 それでいて心地よい渦に何度も何度も呑まれながら、
 今この時間を共有している全ての人々への感謝と、
 今この時間を提供してくれた全ての人々への感謝。
 そしてその全てを結びつけた愛すべき馬鹿野郎への感謝とLOVEを。

 そしてこれは全ての終わりでは無く、
 そしてこれは新しい何かへの始まりであると。
 じっとしては居られない。
 時間が無い急げ。

 やはりトチ狂っていた感はハンパ無く、
 まずは操作方法の再確認から始め、
 調子に乗って逆サル・逆グラ・パリア強襲等々。
 全てにおいて失敗を繰り返した結果、
 PTでバールのようなモノを振り回しているだけのトリガーハッピー。
 1シーズン飛んだだけで時代遅れ的な装備臭が漂い始めるのはいかがなものかと。
TWEET
BOOKMARK
COMMENT
[04/19 サナダE]
[04/19 olive]
[04/15 サナダE]
MAILFORM
INFORMATION
MONSTER HUNTER
Frontier
MONSTER HUNTER
PORTABLE 2nd G
(C)CAPCOM CO., LTD.
2007 2010
ALL RIGHTS RESERVED.

Copyright ©  〓 S a n a d a ・ E n g i n e 〓 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]